巨人が提示条件を上積み 山口俊の陰に“謎のアドバイザー”

公開日: 更新日:

 DeNAからFA移籍した山口俊(29)に対して、当初、巨人が用意した条件は3年総額6億円といわれた。それが、土壇場になって日刊スポーツが「4年8億円に条件を上積み」と報じ、最終的にスポーツ紙は「3年総額7億円」と足並みを揃えた。球界関係者がこう言う。

「巨人入りが秒読みに入った段階で、突然、中日が参戦。その中日が5年総額10億円を提示したと報じられ、慌てた巨人が条件を上方修正せざるを得なくなった、というのがスポーツマスコミの“解説”でした。が、よくよく聞いてみると、中日はそこまで札束を積んではいない。そもそも中日は、どうせ巨人で決まりだろう、というのが内部の空気で、なにがなんでも山口が欲しい、という雰囲気ではなかった。つまり、そんな中日をその気にさせ、それを利用して巨人の条件をつり上げた人間がいる。山口にそんな芸当はできない。本人と球団の間に入って、うまく立ち回ったアドバイザーがいたのです」

 大手マネジメント会社で経験を積んだのち、独立したその「アドバイザー」は巨人にも中日にもパイプを持っていた。特に巨人からは信頼を得ていたという。そんな関係性を生かして山口のアドバイザーを買って出たうえに、巨人と中日、そしてスポーツマスコミまで利用したとすれば、大した人物である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る