地味ながら即戦力候補 巨人ドラ3谷岡&ドラ4池田の実力

公開日: 更新日:

 巨人の新人15選手の中で、地味ながら評価されている選手がいる。

 9日に始まった新人合同自主トレで、今のところ注目を集めているのは2人だ。軽快なフットワークを見せる1位の吉川尚輝(21=中京学院大)と、身長201センチ、体重125キロの巨漢を誇る7位のリャオ・レンレイ(23)。リャオはキャッチボールで140キロ超えの剛速球に豪快な打撃も見せて周囲の視線を独占した。

 対照的に、ほとんど報じられていない2人の評価が実は高いという。ドラフト3位・谷岡竜平(20=東芝)と同4位・池田駿(24=ヤマハ)の2投手だ。巨人のあるスカウトがこう話す。

「谷岡は昨年、急成長して3位に浮上した。フォークで空振りが取れて、スライダーやカット系のボールでゴロを打たせられる即戦力の実戦派。補強して層が厚くなったとはいえ、先発ローテの大穴候補的な存在ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る