欧州進出だけじゃない MLBが企てるアジアツアーの中身

公開日: 更新日:

 国際的な市場拡大を目指すMLBが欧州にも進出するという。

 ヤンキースがア・リーグ東地区で宿敵関係にあるレッドソックスと英国ロンドンでの公式戦開催を検討しているのもその一環なのだ。

 23日付レッドソックスの地元紙「ボストン・ヘラルド」によれば、会場は12年ロンドン五輪のメーンスタジアムである「ロンドン・スタジアム」を使用し、少なくとも2試合を予定。早ければ18年にも実施する見込みらしい。

 米国のプロスポーツではこれまでアメフトのNFLとバスケットボールのNBAが欧州で公式戦を開催したが、宿敵同士の対戦が実現すればMLBでは初めてのことになる。

 今オフ制定されたMLBの新労使協定には「市場拡大のためにロンドンなど海外での公式戦開催を目指す」という条項が盛り込まれている。MLBが進出をもくろんでいるのは欧州に限らない。野球が盛んなアジア各国での更なるマーケット拡大も当然、視野に入れ、数年後には4カ国を回るアジアツアーを計画しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  4. 4

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る