欧州進出だけじゃない MLBが企てるアジアツアーの中身

公開日: 更新日:

 国際的な市場拡大を目指すMLBが欧州にも進出するという。

 ヤンキースがア・リーグ東地区で宿敵関係にあるレッドソックスと英国ロンドンでの公式戦開催を検討しているのもその一環なのだ。

 23日付レッドソックスの地元紙「ボストン・ヘラルド」によれば、会場は12年ロンドン五輪のメーンスタジアムである「ロンドン・スタジアム」を使用し、少なくとも2試合を予定。早ければ18年にも実施する見込みらしい。

 米国のプロスポーツではこれまでアメフトのNFLとバスケットボールのNBAが欧州で公式戦を開催したが、宿敵同士の対戦が実現すればMLBでは初めてのことになる。

 今オフ制定されたMLBの新労使協定には「市場拡大のためにロンドンなど海外での公式戦開催を目指す」という条項が盛り込まれている。MLBが進出をもくろんでいるのは欧州に限らない。野球が盛んなアジア各国での更なるマーケット拡大も当然、視野に入れ、数年後には4カ国を回るアジアツアーを計画しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る