欧州進出だけじゃない MLBが企てるアジアツアーの中身

公開日: 更新日:

 国際的な市場拡大を目指すMLBが欧州にも進出するという。

 ヤンキースがア・リーグ東地区で宿敵関係にあるレッドソックスと英国ロンドンでの公式戦開催を検討しているのもその一環なのだ。

 23日付レッドソックスの地元紙「ボストン・ヘラルド」によれば、会場は12年ロンドン五輪のメーンスタジアムである「ロンドン・スタジアム」を使用し、少なくとも2試合を予定。早ければ18年にも実施する見込みらしい。

 米国のプロスポーツではこれまでアメフトのNFLとバスケットボールのNBAが欧州で公式戦を開催したが、宿敵同士の対戦が実現すればMLBでは初めてのことになる。

 今オフ制定されたMLBの新労使協定には「市場拡大のためにロンドンなど海外での公式戦開催を目指す」という条項が盛り込まれている。MLBが進出をもくろんでいるのは欧州に限らない。野球が盛んなアジア各国での更なるマーケット拡大も当然、視野に入れ、数年後には4カ国を回るアジアツアーを計画しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る