森福加入で“玉突き” 巨人の鉄腕・山口に先発再転向プラン

公開日:

 巨人の功労者がピンチを迎えている。

 このオフ、ソフトバンクから変則左腕のセットアッパー・森福允彦(30)がFAで加入。球団があからさまに自身の後釜を補強したわけで、後がなくなったのは、山口鉄也(33)である。

 9年連続60試合以上登板の「鉄腕」ながら、63試合に登板した昨季は1勝6敗、防御率4.88。自己ワーストの成績に終わっている。

 巨人が食らった昨季の逆転負けは38試合。16日のスタッフ会議ではここが問題視され、七~九回の勝利の方程式を新構築する必要性も話し合われたという。新守護神候補のカミネロの補強も、終盤を盤石にするため。昨季のセーブ王・沢村でさえテコ入れの対象となっている。

 そこで浮上しているのが、山口鉄の起用法である。

 調子が上がらないのは、勤続疲労と左肘の状態のせいだともっぱら。まだ33歳。昨オフ、一軍の投手担当に就任した尾花コーチの大きな使命も「鉄腕の再生」だった。「山口が不安? いやいや、14年に痛めた左肘、これですよ。肘の不安さえなくなれば大丈夫だと思っています。山口はホント、コンディションだけですから」と自信を見せていたが、昨季は復活させられなかった。今季は手腕が問われるシーズンである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

もっと見る