• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

森福加入で“玉突き” 巨人の鉄腕・山口に先発再転向プラン

 巨人の功労者がピンチを迎えている。

 このオフ、ソフトバンクから変則左腕のセットアッパー・森福允彦(30)がFAで加入。球団があからさまに自身の後釜を補強したわけで、後がなくなったのは、山口鉄也(33)である。

 9年連続60試合以上登板の「鉄腕」ながら、63試合に登板した昨季は1勝6敗、防御率4.88。自己ワーストの成績に終わっている。

 巨人が食らった昨季の逆転負けは38試合。16日のスタッフ会議ではここが問題視され、七~九回の勝利の方程式を新構築する必要性も話し合われたという。新守護神候補のカミネロの補強も、終盤を盤石にするため。昨季のセーブ王・沢村でさえテコ入れの対象となっている。

 そこで浮上しているのが、山口鉄の起用法である。

 調子が上がらないのは、勤続疲労と左肘の状態のせいだともっぱら。まだ33歳。昨オフ、一軍の投手担当に就任した尾花コーチの大きな使命も「鉄腕の再生」だった。「山口が不安? いやいや、14年に痛めた左肘、これですよ。肘の不安さえなくなれば大丈夫だと思っています。山口はホント、コンディションだけですから」と自信を見せていたが、昨季は復活させられなかった。今季は手腕が問われるシーズンである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る