阪神・糸井 4年18億円超でも“キャンプ前から離脱”の深刻

公開日:

 おい、おい、冗談だろうと、阪神ファンなら仰天して腰を抜かすんじゃないか。

 阪神は24日、FAで獲得した糸井嘉男(35)が右膝関節炎と診断されたことを発表した。自主トレのウエートトレーニング中、右膝に違和感を覚えたという。2月1日からの一軍キャンプに帯同するものの、しばらくは別メニューで調整する。

 阪神が糸井獲得につぎ込んだ資金は、4年総額18億円超といわれる。今年の目玉ともいうべき糸井が、キャンプの始まる前からリタイアとは、なんともしまらない話。あるいは大金で人気球団に移籍しただけに、例年以上に目の色を変えたことが裏目に出たか。

 いずれにせよ、糸井は日本ハム時代から「痛みに強い選手」として評判だった。ちょっとやそっとの故障では音を上げない。そのため首脳陣が本当に大丈夫かと心配したこともあるほど。その糸井が違和感を覚えたくらいだから、よほどのことかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る