日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神・糸井 4年18億円超でも“キャンプ前から離脱”の深刻

 おい、おい、冗談だろうと、阪神ファンなら仰天して腰を抜かすんじゃないか。

 阪神は24日、FAで獲得した糸井嘉男(35)が右膝関節炎と診断されたことを発表した。自主トレのウエートトレーニング中、右膝に違和感を覚えたという。2月1日からの一軍キャンプに帯同するものの、しばらくは別メニューで調整する。

 阪神が糸井獲得につぎ込んだ資金は、4年総額18億円超といわれる。今年の目玉ともいうべき糸井が、キャンプの始まる前からリタイアとは、なんともしまらない話。あるいは大金で人気球団に移籍しただけに、例年以上に目の色を変えたことが裏目に出たか。

 いずれにせよ、糸井は日本ハム時代から「痛みに強い選手」として評判だった。ちょっとやそっとの故障では音を上げない。そのため首脳陣が本当に大丈夫かと心配したこともあるほど。その糸井が違和感を覚えたくらいだから、よほどのことかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事