阪神・糸井 4年18億円超でも“キャンプ前から離脱”の深刻

公開日: 更新日:

 おい、おい、冗談だろうと、阪神ファンなら仰天して腰を抜かすんじゃないか。

 阪神は24日、FAで獲得した糸井嘉男(35)が右膝関節炎と診断されたことを発表した。自主トレのウエートトレーニング中、右膝に違和感を覚えたという。2月1日からの一軍キャンプに帯同するものの、しばらくは別メニューで調整する。

 阪神が糸井獲得につぎ込んだ資金は、4年総額18億円超といわれる。今年の目玉ともいうべき糸井が、キャンプの始まる前からリタイアとは、なんともしまらない話。あるいは大金で人気球団に移籍しただけに、例年以上に目の色を変えたことが裏目に出たか。

 いずれにせよ、糸井は日本ハム時代から「痛みに強い選手」として評判だった。ちょっとやそっとの故障では音を上げない。そのため首脳陣が本当に大丈夫かと心配したこともあるほど。その糸井が違和感を覚えたくらいだから、よほどのことかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る