実は糸井も逡巡し阪神へ…巨人入りFA選手の哀れな末路

公開日: 更新日:

 FAで阪神に入団した糸井嘉男(35)。金本監督が「初恋の相手」と表現した阪神とは相思相愛の関係だったといわれたが、実は最後の最後まで糸井を迷わせていた球団があった。巨人である。

 オリックスの関係者がこう言った。

「巨人は表向きには争奪戦に参戦しなかったものの、糸井の周辺から『移籍先は巨人か阪神の二者択一』と聞いていた。オリックス残留が頭になかったのは残念ですが、本人はかなり悩んでいたようです。ヒザに爆弾を抱える体のことを考えれば天然芝の甲子園を本拠地にする阪神、東京に残す家族のことを考えれば巨人。いろいろと思いを巡らす中で、最終的には両球団に入ったFA選手の引退後、要するに末路が決め手になったといいます」

 巨人は93年にFA制度が導入されてから、今オフの山口、森福、陽岱鋼を含めて12球団最多となる23人のFA選手を獲得している。今も巨人で現役を続けている9人を除く14人のうち、そのまま巨人でユニホームを脱いだ選手は川口、金城のたった2人。引退後に巨人の指導者やスタッフになった選手もわずか5人しかいない。泣いて巨人残留を哀願しながら、オリックスへ“都落ち”した清原の例を持ち出すまでもなく、三顧の礼をもって迎えられたにもかかわらず、最後は捨てられるも同然で退団を余儀なくされた選手も少なくないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る