日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貴重なファウル打ち名人が…日ハム中島WBC辞退の深刻度

 WBC日本代表の辞退者は、日本ハムの中島卓也遊撃手(26)といわれる。

 栗山監督が「無理をさせる状態ではない」と話していることから、辞退の理由はおそらくケガだろう。

 仮にメンバー入りしたとしても、遊撃には巨人の坂本がいるから、出番は有事のスペア、もしくは守備要員か代打といったところだ。

■昨シーズン2位に大差のファウル数

 最大の武器はファウル打ち。ファウル数は昨年(759)、一昨年(599)と、両リーグを通じて2年連続ナンバーワン。昨年の2位はDeNA・倉本の525だったから、いかに中島のファウル数が多かったかが分かる。1打席あたりの平均投球数(昨年は4.54、一昨年は4.32)も2年連続12球団トップだった。

 際どいコースをことごとくカットして、相手投手に多くの球数を投げさせる――。一見、地味で、目立たない打撃スタイルはしかし、球数制限のあるWBCで大きな武器になる。前回大会は1次ラウンド65球、2次ラウンド80球、準決勝以降95球の球数制限があった。今回も同様の見込みだから、特に大会序盤は粘れる打者が相手に与えるダメージは大きい。メジャーには中島のようなタイプがほとんどいないだけに、相手投手にとってなおさら負担になる。

 中島が今回、日本代表として白羽の矢を立てられた最大の理由もそこにあった。代わりのメンバーは後日、発表されるものの、中島はこの分野のスペシャリスト。誰かが代わりを務められるわけではない。「ファウル打ちの名人」が辞退した影響は計り知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事