貴重なファウル打ち名人が…日ハム中島WBC辞退の深刻度

公開日:

 WBC日本代表の辞退者は、日本ハムの中島卓也遊撃手(26)といわれる。

 栗山監督が「無理をさせる状態ではない」と話していることから、辞退の理由はおそらくケガだろう。

 仮にメンバー入りしたとしても、遊撃には巨人の坂本がいるから、出番は有事のスペア、もしくは守備要員か代打といったところだ。

■昨シーズン2位に大差のファウル数

 最大の武器はファウル打ち。ファウル数は昨年(759)、一昨年(599)と、両リーグを通じて2年連続ナンバーワン。昨年の2位はDeNA・倉本の525だったから、いかに中島のファウル数が多かったかが分かる。1打席あたりの平均投球数(昨年は4.54、一昨年は4.32)も2年連続12球団トップだった。

 際どいコースをことごとくカットして、相手投手に多くの球数を投げさせる――。一見、地味で、目立たない打撃スタイルはしかし、球数制限のあるWBCで大きな武器になる。前回大会は1次ラウンド65球、2次ラウンド80球、準決勝以降95球の球数制限があった。今回も同様の見込みだから、特に大会序盤は粘れる打者が相手に与えるダメージは大きい。メジャーには中島のようなタイプがほとんどいないだけに、相手投手にとってなおさら負担になる。

 中島が今回、日本代表として白羽の矢を立てられた最大の理由もそこにあった。代わりのメンバーは後日、発表されるものの、中島はこの分野のスペシャリスト。誰かが代わりを務められるわけではない。「ファウル打ちの名人」が辞退した影響は計り知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る