日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WBCに向けて大張り切り 巨人・菅野の危険な「新球」習得

「小久保監督は、口にこそ出しませんが、日本のエースは大谷ではなく、菅野だと考えている。東海大時代から豊富な国際試合での経験、好不調の波が少ない安定感、リーダーシップなど、大谷に勝る部分は少なくない」

 さる球界関係者がこう言った。一部報道では、3月に開幕するWBC1次ラウンド初戦の強敵・キューバ戦の先発に日本ハムの大谷翔平(22)、翌日の豪州戦の先発に巨人の菅野智之(27)が内定したというが、「その順番でいくと、決勝進出をかけた2次ラウンド第3戦、決勝のマウンドに上がるのは菅野になる。大一番を逆算して考えたもので、小久保監督の菅野に対する信頼感が表れている」というのだ。

 菅野は菅野でその期待に応えるべく、WBCに合わせて新球チェンジアップの習得に挑戦。キャンプを経て、いきなりWBC本番に導入する構えだが、これに巨人関係者はヒヤヒヤだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事