• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マ軍田沢に辞退され…侍J“最重要ピース”欠けた自業自得

 3月に開幕する第4回WBCに臨む野球日本代表「侍ジャパン」のメンバーが決まった。昨年12月に先行発表された日本ハムの大谷翔平(22)ら19選手に加え、新たに阪神の藤浪晋太郎(22)ら8選手が招集された。そんななか、日本野球機構(NPB)と小久保裕紀監督(45)が最後の最後まで代表入りに執心した投手がいた。

 レッドソックスからマーリンズへ移籍したばかりのリリーフ右腕、田沢純一(30)である。この日のメンバー発表に先立ち、田沢の代理人が地元紙「サン・センチネル」に対し、正式に辞退したことを明らかにした。

 田沢は08年に新日本石油ENEOS(現JX-ENEOS)から、レッドソックスと契約。13年にワールドシリーズ制覇に貢献するなど、通算302試合で17勝20敗78ホールド4セーブ、防御率3.58の成績を残している。メジャーを代表するリリーバーとしてこのオフ、マーリンズと2年14億円で契約したその田沢に、侍ジャパンは抑えの最有力候補として、代表入りを強く要請していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  7. 7

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る