マ軍田沢に辞退され…侍J“最重要ピース”欠けた自業自得

公開日:

 3月に開幕する第4回WBCに臨む野球日本代表「侍ジャパン」のメンバーが決まった。昨年12月に先行発表された日本ハムの大谷翔平(22)ら19選手に加え、新たに阪神の藤浪晋太郎(22)ら8選手が招集された。そんななか、日本野球機構(NPB)と小久保裕紀監督(45)が最後の最後まで代表入りに執心した投手がいた。

 レッドソックスからマーリンズへ移籍したばかりのリリーフ右腕、田沢純一(30)である。この日のメンバー発表に先立ち、田沢の代理人が地元紙「サン・センチネル」に対し、正式に辞退したことを明らかにした。

 田沢は08年に新日本石油ENEOS(現JX-ENEOS)から、レッドソックスと契約。13年にワールドシリーズ制覇に貢献するなど、通算302試合で17勝20敗78ホールド4セーブ、防御率3.58の成績を残している。メジャーを代表するリリーバーとしてこのオフ、マーリンズと2年14億円で契約したその田沢に、侍ジャパンは抑えの最有力候補として、代表入りを強く要請していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  6. 6

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る