契約最終年にやる気 SB松坂のフル回転は誰へのアピール?

公開日:

 “不良債権”と呼ばれた男が、ようやく本気を出したか。キャンプ初日の1日、やたらと張り切っていたのがソフトバンクの松坂大輔(36)だ。

 予定にはなかったが、いきなりブルペンに入ると、セットポジション、ノーワインドアップで変化球を交えながら、約60球を投げた。

「感触を確かめる程度。ボールは悪くない」

 と、復活への手応えを口にした。

 松坂は14年オフに3年12億円でソフトバンク入り。しかし、故障とリハビリを繰り返し、一軍登板はここ2年でたったの1試合。ほとんど何もせず、8億円をせしめたことになる。

 それが契約最終年となるや、オフに10キロ減量。まるで人が違ったかのように、やる気を出している。それなら「最初からやれ」と言いたいところだが、そういえば、同じような選手を過去に何度も見たことがある。契約最終年の助っ人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る