日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

評論家が指摘 “投手・大谷”抜きでも侍Jは戦力低下ならず

「100%で動けない選手を預かるリスクを考えた。とても無理をさせられる状況ではない」

 WBC日本代表の小久保監督が3日、日本ハムの大谷翔平(22)を代表メンバーから外すと明言した。

 大谷は1月31日(日本時間2月1日)、キャンプ地アリゾナで会見を行い、「投手として辞退」を発表。しかし、右足首は手術の可能性もあり、小久保監督は打者としての出場も不可能と判断したようだ。

 ケガだから仕方ないとはいえ、大谷は巨人・菅野と並ぶ「2本柱」として、指揮官が期待していた投手。本来ならば、初戦となる3月7日のキューバ戦で先発するはずだった。

 しかし、評論家の高橋善正氏は「仮に大谷がWBCに出場したとして……」と、こう続ける。

「ネームバリューほどの活躍ができたかは疑問ですね。ネックになるのが球数制限です(1次リーグ65球、2次リーグ80球)。大谷はただでさえ制球に難があり、しかも立ち上がりが悪い投手。となれば、先発で長いイニングなんて無理でしょう。大谷が抜けたからといって日本代表の戦力が落ちるとは思えません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事