評論家が指摘 “投手・大谷”抜きでも侍Jは戦力低下ならず

公開日:

「100%で動けない選手を預かるリスクを考えた。とても無理をさせられる状況ではない」

 WBC日本代表の小久保監督が3日、日本ハムの大谷翔平(22)を代表メンバーから外すと明言した。

 大谷は1月31日(日本時間2月1日)、キャンプ地アリゾナで会見を行い、「投手として辞退」を発表。しかし、右足首は手術の可能性もあり、小久保監督は打者としての出場も不可能と判断したようだ。

 ケガだから仕方ないとはいえ、大谷は巨人・菅野と並ぶ「2本柱」として、指揮官が期待していた投手。本来ならば、初戦となる3月7日のキューバ戦で先発するはずだった。

 しかし、評論家の高橋善正氏は「仮に大谷がWBCに出場したとして……」と、こう続ける。

「ネームバリューほどの活躍ができたかは疑問ですね。ネックになるのが球数制限です(1次リーグ65球、2次リーグ80球)。大谷はただでさえ制球に難があり、しかも立ち上がりが悪い投手。となれば、先発で長いイニングなんて無理でしょう。大谷が抜けたからといって日本代表の戦力が落ちるとは思えません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  9. 9

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る