広島・鈴木が今季へ決意新た 「神ってる、正直もういい」

公開日: 更新日:

 高卒4年目の昨季、129試合に出場し、リーグ2位の打率.335、29本塁打、95打点と大ブレーク。攻守で25年ぶりのリーグ優勝に貢献した広島の鈴木誠也(22)。緒方監督に言われた「神ってる」が昨年の流行語大賞に選ばれるなど、WBCでも活躍が期待される男を直撃した。

■「大谷に背負わせたくない」

――初のWBC出場だが、同じ年で仲がいい大谷(日本ハム)がケガで辞退した。

「翔平がいなくなって『翔平のために』とか言ってしまうと、負けた時に全部背負わせてしまうことになる。それはあまりにかわいそう。オレが言うまでもなく、いい投手だし、打者としても凄い。もちろん、いてくれれば、こんなに心強い味方はいませんけど、穴はみんなで埋められる。チームワークで補います。みんな『大谷、大谷』って言いますけど、実はボクはあまり心配していないんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    格差容認、中韓嫌い 安倍4選を支持する強固な3割の正体

もっと見る