侍Jが初戦で激突 キューバ“秘密兵器”右腕バニョスの実力

公開日:

 3日のオリックス戦を引き分け、5日の西武戦は0対5の完封負け。WBC日本代表があす7日の1次ラウンド初戦で対戦するキューバ代表の前評判はからっきしだ。

 この日対戦した西武の辻監督は「迫力があって振ってくるイメージがあったけど、以前と比べて脅威は感じなかった」とバッサリ。スポーツマスコミのほとんども、選手のメジャーへの亡命が相次いで戦力ダウンは著しいと報じている。「赤い稲妻」と恐れられたかつての姿はどこへやらといったムードだが、本当にそうか。キューバは大したことないのか。

■速球150キロで技巧派

「日本での強化試合2試合に登板しなかったバニョス(34)という右腕は要注意です」とスポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「オーバーハンドから145~150キロの速球を投げる技巧派。スライダー、カーブ、カッターなどを投げますが、中でも大きなカーブとタテに鋭く変化するスライダーはいい。坂本、中田、山田ら主力に右打者の多い日本は苦労する可能性が高い。2月26日にソウルで韓国代表との強化試合に先発して、4回を無失点に抑えています。日本戦には先発してくるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る