選手任せで一発頼み 小久保侍Jの限界が阪神戦ではっきり

公開日:  更新日:

 重たい試合だった。

 日本代表の1次ラウンド初戦は7日のキューバ戦。残る強化試合は、5日のオリックス戦のみ。調整は最終段階を迎えていなければならないところなのに、「状態が上がるのを待つしかない」と相も変わらず選手頼みの野球をしているのが小久保監督だ。

 計7安打で2得点。阪神に負けた事実より、問題は一発頼みの試合内容だろう。

 四回は、1死一、二塁とするも4番の筒香が三ゴロの併殺打。六回も先頭の松田が遊撃への内野安打で出塁しながら小林がバントを決められずチャンスを生かせなかった。

 日本代表の得点は七回、2死走者なしから中田がレフトポール際に放ったソロ本塁打と八回1死二、三塁から菊池の投ゴロの間に追加した1点の計2点だけだった。

■「打者からつなぐ意識が見えない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る