選手任せで一発頼み 小久保侍Jの限界が阪神戦ではっきり

公開日: 更新日:

 重たい試合だった。

 日本代表の1次ラウンド初戦は7日のキューバ戦。残る強化試合は、5日のオリックス戦のみ。調整は最終段階を迎えていなければならないところなのに、「状態が上がるのを待つしかない」と相も変わらず選手頼みの野球をしているのが小久保監督だ。

 計7安打で2得点。阪神に負けた事実より、問題は一発頼みの試合内容だろう。

 四回は、1死一、二塁とするも4番の筒香が三ゴロの併殺打。六回も先頭の松田が遊撃への内野安打で出塁しながら小林がバントを決められずチャンスを生かせなかった。

 日本代表の得点は七回、2死走者なしから中田がレフトポール際に放ったソロ本塁打と八回1死二、三塁から菊池の投ゴロの間に追加した1点の計2点だけだった。

■「打者からつなぐ意識が見えない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  8. 8

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  9. 9

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る