選手任せで一発頼み 小久保侍Jの限界が阪神戦ではっきり

公開日:  更新日:

 重たい試合だった。

 日本代表の1次ラウンド初戦は7日のキューバ戦。残る強化試合は、5日のオリックス戦のみ。調整は最終段階を迎えていなければならないところなのに、「状態が上がるのを待つしかない」と相も変わらず選手頼みの野球をしているのが小久保監督だ。

 計7安打で2得点。阪神に負けた事実より、問題は一発頼みの試合内容だろう。

 四回は、1死一、二塁とするも4番の筒香が三ゴロの併殺打。六回も先頭の松田が遊撃への内野安打で出塁しながら小林がバントを決められずチャンスを生かせなかった。

 日本代表の得点は七回、2死走者なしから中田がレフトポール際に放ったソロ本塁打と八回1死二、三塁から菊池の投ゴロの間に追加した1点の計2点だけだった。

■「打者からつなぐ意識が見えない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る