• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季初戦も出遅れ…森田理香子「復活」への遠い道のり

【ヨコハマタイヤ PRGRレディス 初日】

 賞金シードを失い、最終QTランキングも77位とレギュラーでの出場試合が限られる森田理香子(27)が、スポンサー大会で今季初戦を迎えた。

 アウト発進の初日は12番までに3バーディー、1ボギーとスコアを伸ばして上位進出を狙った。ところが、14番ボギー、16番トリプルボギーと終盤にスコアを落として2オーバー65位タイだった。

「(16番で)OBを打ってしまってスコアは仕方ない。ショットもアプローチもパッティングも悪くなかったのに、スコアが良くなかった。明日はスコアを伸ばすしかないので、狙っていきたいです」(森田)

 この日のパット数は33。これでは勝負にならない。

 賞金女王になった2013年は勢いがあり、サントリー女子では初日45位と出遅れても、逆転優勝するだけの力があった。しかしアプローチイップスに悩む今の森田に巻き返すだけの力はない。

 出場試合が限られ実戦から遠ざかれば勘も鈍ってくる。一度失った勢いを取り戻すのは難しいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る