日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オランダ戦では感情露わに 侍J指揮官にどんな“変化”が?

「死闘でした。勝ちたいという執念だけだった」

 小久保監督は目を真っ赤に腫らしながら、何度も「執念」と強調した。

 12日の第2ラウンド初戦のオランダ戦。日本は延長十一回タイブレークの末、8-6で勝利し、決勝ラウンド進出に一歩近づいた。

 1次ラウンドでキューバ、オーストラリア、中国に3連勝して臨んだこの日の一戦、指揮官は動いた。

 1次ラウンドで打率.545と絶好調だった松田をスタメンから外し、田中を1番、秋山を8番で起用した。奈良原ヘッドコーチは「足を使えるオーダーを考えた」と説明。チーム周辺では「田中も秋山も状態が良かった。この日の田中は5タコで結果が出なかったとはいえ、使うのが遅過ぎたくらい」との声もある。

 小久保監督の言動にも変化が見え始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事