• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初V逃した青木瀬令奈 “スイング改造”をプロはどう見た?

 昨年7月の大東建託以来、2度目の最終日最終組で首位発進の青木瀬令奈(24)だったが、今回も初優勝に手が届かなかった。

「ショットがあまり良いところにつかなくて、バーディーパットが打てず苦しいプレーになってしまった。空回りしてしまいました。年齢的にも早く結果を出したい」(青木)

 青木は素振りと違い、ボールを打つ際にはトップが高いところに上がっていた。ややもすると変則スイングにも見える。

 ジュニア時代から青木をよく知る田原紘プロがこう言う。

「153センチと小柄で、トップが高いところによく上がっていた。昨年は、どちらかといえばフラットなスイングでフック系のボールが出ていたが、今は絶対に左にはいかせないというスイングです。はたから見てきれいなスイングだから勝てるわけではない。フェード系になれば球が上がりキャリーが正確になり、ランも少ない。セカンドの距離感があってくれば、ジュニア時代からアプローチとパットがうまいだけに、今年は勝てると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る