初V逃した青木瀬令奈 “スイング改造”をプロはどう見た?

公開日:

 昨年7月の大東建託以来、2度目の最終日最終組で首位発進の青木瀬令奈(24)だったが、今回も初優勝に手が届かなかった。

「ショットがあまり良いところにつかなくて、バーディーパットが打てず苦しいプレーになってしまった。空回りしてしまいました。年齢的にも早く結果を出したい」(青木)

 青木は素振りと違い、ボールを打つ際にはトップが高いところに上がっていた。ややもすると変則スイングにも見える。

 ジュニア時代から青木をよく知る田原紘プロがこう言う。

「153センチと小柄で、トップが高いところによく上がっていた。昨年は、どちらかといえばフラットなスイングでフック系のボールが出ていたが、今は絶対に左にはいかせないというスイングです。はたから見てきれいなスイングだから勝てるわけではない。フェード系になれば球が上がりキャリーが正確になり、ランも少ない。セカンドの距離感があってくれば、ジュニア時代からアプローチとパットがうまいだけに、今年は勝てると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る