ドミニカのエース右腕 マルティネスの恥ずかしすぎる過去

公開日:

 WBC2次ラウンドの米国プールが14日(日本時間15日)、カリフォルニア州サンディエゴのペトコパークで開幕した。

 この日は、ともに優勝候補のドミニカ共和国とプエルトリコが対戦。ドミニカの2次ラウンドの開幕マウンドを託されたのがカージナルスのエース右腕カルロス・マルティネス(25)だ。

 150キロ台半ばの直球と3種類の変化球を武器に昨季は16勝(9敗)をマーク。今やリーグを代表する右腕として知られるが、数々のスキャンダルでも米メディアを賑わせている。

 マイアミで一夜を共にした女性から昨年4月に「性病をうつされた」と150万ドル(約1億7200万円)の損害賠償を求める訴訟を起こされている。

 メジャー2年目の14年には自身のパソコンがウイルスに感染し、保存してあった大量のエロ動画や画像が流出。何者かにネット上で「マルティネス所有の動画」であることをさらされて赤っ恥をかいた。

 マルティネスは過去の恥を清算するためにも、チームを連覇に導くしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る