• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドミニカのエース右腕 マルティネスの恥ずかしすぎる過去

 WBC2次ラウンドの米国プールが14日(日本時間15日)、カリフォルニア州サンディエゴのペトコパークで開幕した。

 この日は、ともに優勝候補のドミニカ共和国とプエルトリコが対戦。ドミニカの2次ラウンドの開幕マウンドを託されたのがカージナルスのエース右腕カルロス・マルティネス(25)だ。

 150キロ台半ばの直球と3種類の変化球を武器に昨季は16勝(9敗)をマーク。今やリーグを代表する右腕として知られるが、数々のスキャンダルでも米メディアを賑わせている。

 マイアミで一夜を共にした女性から昨年4月に「性病をうつされた」と150万ドル(約1億7200万円)の損害賠償を求める訴訟を起こされている。

 メジャー2年目の14年には自身のパソコンがウイルスに感染し、保存してあった大量のエロ動画や画像が流出。何者かにネット上で「マルティネス所有の動画」であることをさらされて赤っ恥をかいた。

 マルティネスは過去の恥を清算するためにも、チームを連覇に導くしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る