• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オランダ投手陣に厚み ドジャース抑えジャンセン追加召集

 今大会、大躍進を果たしたダークホース的存在が補強に踏み切った。

 日本とともに決勝トーナメント進出を決めたオランダがドジャースの守護神ケンリー・ジャンセン(29)を追加招集するという。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」(電子版)が15日に報じた。

 前田の同僚右腕でもあるジャンセンは昨季71試合で3勝2敗47セーブをマークしてチームの地区4連覇に貢献。最多セーブこそメッツ・ファミリア(51セーブ)に譲ったが、ナ・リーグで最も優れた救援投手に贈られるトレバー・ホフマン賞を受賞した。

 04年に捕手として入団し、09年のWBCでは投手ではなく、控え捕手として代表入りしている。記事によれば、ジャンセンは1次ラウンドからの出場を希望していたが、ドジャースの方針から決勝トーナメントだけ参加が認められたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  4. 4

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る