• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

侍Jを牽引 青木宣親“メジャー仕込み”のリーダーシップ

 14日のキューバ戦。2点を追う五回裏、チーム最年長の青木宣親(35)が動いた。ナインを集めて円陣を組み、ゲキを飛ばしたのだ。

 すると打線が奮起。1死二、三塁で自身の二ゴロの間に1点差とし、続く筒香が同点打。八回には内川の犠飛などで3点を奪い、そのまま逃げ切った。

 これで1次ラウンドから5連勝。米国で行われる準決勝進出に大きく近づいた日本代表を陰で牽引しているのは、小久保監督でも4番の筒香でもなく青木だ。

 大阪の強化試合からチームに合流した青木は、5日のオリックス戦の初回に2点を先制された直後にベンチで「まだ8イニングある。こういう苦しい試合は何試合もある。気持ちを一つにしてやっていこう」と選手にハッパ。12日のオランダ戦でも5-5に追いつかれると「次の1点が大事になるから」と円陣を組んでナインに告げた。青木は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る