侍Jを牽引 青木宣親“メジャー仕込み”のリーダーシップ

公開日: 更新日:

 14日のキューバ戦。2点を追う五回裏、チーム最年長の青木宣親(35)が動いた。ナインを集めて円陣を組み、ゲキを飛ばしたのだ。

 すると打線が奮起。1死二、三塁で自身の二ゴロの間に1点差とし、続く筒香が同点打。八回には内川の犠飛などで3点を奪い、そのまま逃げ切った。

 これで1次ラウンドから5連勝。米国で行われる準決勝進出に大きく近づいた日本代表を陰で牽引しているのは、小久保監督でも4番の筒香でもなく青木だ。

 大阪の強化試合からチームに合流した青木は、5日のオリックス戦の初回に2点を先制された直後にベンチで「まだ8イニングある。こういう苦しい試合は何試合もある。気持ちを一つにしてやっていこう」と選手にハッパ。12日のオランダ戦でも5-5に追いつかれると「次の1点が大事になるから」と円陣を組んでナインに告げた。青木は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  5. 5

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  8. 8

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  9. 9

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  10. 10

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る