侍Jを牽引 青木宣親“メジャー仕込み”のリーダーシップ

公開日: 更新日:

 14日のキューバ戦。2点を追う五回裏、チーム最年長の青木宣親(35)が動いた。ナインを集めて円陣を組み、ゲキを飛ばしたのだ。

 すると打線が奮起。1死二、三塁で自身の二ゴロの間に1点差とし、続く筒香が同点打。八回には内川の犠飛などで3点を奪い、そのまま逃げ切った。

 これで1次ラウンドから5連勝。米国で行われる準決勝進出に大きく近づいた日本代表を陰で牽引しているのは、小久保監督でも4番の筒香でもなく青木だ。

 大阪の強化試合からチームに合流した青木は、5日のオリックス戦の初回に2点を先制された直後にベンチで「まだ8イニングある。こういう苦しい試合は何試合もある。気持ちを一つにしてやっていこう」と選手にハッパ。12日のオランダ戦でも5-5に追いつかれると「次の1点が大事になるから」と円陣を組んでナインに告げた。青木は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  4. 4

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  5. 5

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  6. 6

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  7. 7

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  8. 8

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  9. 9

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  10. 10

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る