WBC連続決勝進出の原動力 プエルトリコに驚異の“結束力”

公開日:  更新日:

 優勝候補の一角が順当に勝ち上がった。

 前回、準優勝のプエルトリコは20日(日本時間21日)の準決勝でオランダを延長タイブレークの末に4-3で下し、2大会連続の決勝(23日)進出を決めた。

 プエルトリコはドミニカ共和国ほどではないにしろ、15年の新人王コレーア(22=アストロズ)、昨季ゴールドグラブ賞リンドーア(23=インディアンス)ら若手スター選手を中心とした豪華布陣。1試合平均7.85得点の強力打線を武器に勝ち上がってきたが、強みはそれだけではない。

 オフから、チーム一丸となって入念な準備を繰り返してきた。昨年12月にはプエルトリコ代表の頭脳的存在でメジャーを代表する捕手のY・モリーナ(34=カージナルス)の呼びかけで、代表候補選手がこぞって母国のウインターリーグに参加。年明けには各所属球団のキャンプインに備えて合同自主トレを敢行した。候補選手の中には薄給のマイナーリーガーも少なくないため、自主トレの経費はモリーナ(年俸約15億円)、ベルトラン(アストロズ、同18億円)ら一部の高給取りが負担したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る