市立呉・中村監督に聞く 創部10年で甲子園までの紆余曲折

公開日: 更新日:

 25日に登場する市立呉(広島)は、春夏通じて初の甲子園出場ながら初戦(対至学館)を突破して2回戦に進出した。創部10年目のチームを率いる中村信彦監督(62)は保健体育科教諭。尾道商時代に3度センバツ出場、82年、86年はベスト8に導いた。ベテラン監督にチームづくりについて聞いた。

――呉の監督に就任した経緯を教えてください。

「それまで僕は同じ広島県の(県立)賀茂高校で監督をしていたんです。そこに『呉高校が野球部をつくる』という話を聞いた。私は名門の尾道商で監督をし、賀茂高で自分の力を試した。ならば最後の奉仕ということで甲子園に行けるチームをつくってみたい、と。部をつくったことはないので楽しみでもあった。(創部から)3年後は県ベスト8には行きたいと思ってました」

――創部ならではの苦労もあったのでは?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る