日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

市立呉・中村監督に聞く 創部10年で甲子園までの紆余曲折

 25日に登場する市立呉(広島)は、春夏通じて初の甲子園出場ながら初戦(対至学館)を突破して2回戦に進出した。創部10年目のチームを率いる中村信彦監督(62)は保健体育科教諭。尾道商時代に3度センバツ出場、82年、86年はベスト8に導いた。ベテラン監督にチームづくりについて聞いた。

――呉の監督に就任した経緯を教えてください。

「それまで僕は同じ広島県の(県立)賀茂高校で監督をしていたんです。そこに『呉高校が野球部をつくる』という話を聞いた。私は名門の尾道商で監督をし、賀茂高で自分の力を試した。ならば最後の奉仕ということで甲子園に行けるチームをつくってみたい、と。部をつくったことはないので楽しみでもあった。(創部から)3年後は県ベスト8には行きたいと思ってました」

――創部ならではの苦労もあったのでは?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事