野球留学生ゼロ 前橋育英・荒井監督が語るユニーク育成法

公開日:

 26日に出場する前橋育英(群馬)は、ベンチ入りメンバー18人すべてが県内出身。野球留学生に頼ることなく、13年の夏は全国制覇を達成している。社会人野球でプレー経験のある荒井直樹監督(52)に話を聞いた。

――他県からの野球留学生がいませんけど、育成に力を入れているのですか。

「県内限定ですが、ある程度はスカウティングはしますよ。ただ、何と言うのか……。いい選手を集めて、勝って……では、面白くないなあ、と。よく高校野球の、私学の監督らしくないとは言われます(笑い)。でも、ギャンギャン言って選手をロボットにして勝つのはどうか、とは思っています。私は『一から十までオレに従えばいい』という、カリスマ指導者にはなりたくないんです」

――スカウティングは結構行っているのですか。

「行きますよ。でも、重視するのは性格。練習や試合での振る舞いを見ます。野球だけうまいという子は取りません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る