日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野球留学生ゼロ 前橋育英・荒井監督が語るユニーク育成法

 26日に出場する前橋育英(群馬)は、ベンチ入りメンバー18人すべてが県内出身。野球留学生に頼ることなく、13年の夏は全国制覇を達成している。社会人野球でプレー経験のある荒井直樹監督(52)に話を聞いた。

――他県からの野球留学生がいませんけど、育成に力を入れているのですか。

「県内限定ですが、ある程度はスカウティングはしますよ。ただ、何と言うのか……。いい選手を集めて、勝って……では、面白くないなあ、と。よく高校野球の、私学の監督らしくないとは言われます(笑い)。でも、ギャンギャン言って選手をロボットにして勝つのはどうか、とは思っています。私は『一から十までオレに従えばいい』という、カリスマ指導者にはなりたくないんです」

――スカウティングは結構行っているのですか。

「行きますよ。でも、重視するのは性格。練習や試合での振る舞いを見ます。野球だけうまいという子は取りません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事