野球留学生ゼロ 前橋育英・荒井監督が語るユニーク育成法

公開日: 更新日:

 26日に出場する前橋育英(群馬)は、ベンチ入りメンバー18人すべてが県内出身。野球留学生に頼ることなく、13年の夏は全国制覇を達成している。社会人野球でプレー経験のある荒井直樹監督(52)に話を聞いた。

――他県からの野球留学生がいませんけど、育成に力を入れているのですか。

「県内限定ですが、ある程度はスカウティングはしますよ。ただ、何と言うのか……。いい選手を集めて、勝って……では、面白くないなあ、と。よく高校野球の、私学の監督らしくないとは言われます(笑い)。でも、ギャンギャン言って選手をロボットにして勝つのはどうか、とは思っています。私は『一から十までオレに従えばいい』という、カリスマ指導者にはなりたくないんです」

――スカウティングは結構行っているのですか。

「行きますよ。でも、重視するのは性格。練習や試合での振る舞いを見ます。野球だけうまいという子は取りません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  6. 6

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  7. 7

    野手登板に巨人OB賛否分裂 原“傲慢采配”を呼んだ真の問題

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る