日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

なぜ今? センバツ後に勇退の報徳学園・永田監督に聞いた

 高校野球の有名監督が舞台を去る。今年1月、今大会を最後に勇退することを発表したのが、20日に登場する報徳学園(兵庫)の永田裕治監督(53)だ。23年間の監督生活で甲子園には春10回、夏7回出場し、通算20勝16敗。02年春は現ロッテの大谷を擁して全国制覇した。定年にはまだ間がある永田監督に退任の理由や心境を聞いた。

――なぜ、勇退するのですか?

「後継者の大角健二部長(36)が育ってきたからです。彼は13年間も、僕を支えてくれましたからね。もともと、50歳から55歳くらいの間までには身を引くつもりだったんです。なぜこのタイミングかといえば今、1年にかなり有望な子がいるからです。来年の報徳は間違いなく強い。だからこそ、奇麗な形で交代したかった」

――それだけ強いチームとなると、来年もやりたかったのでは?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事