なぜ今? センバツ後に勇退の報徳学園・永田監督に聞いた

公開日: 更新日:

 高校野球の有名監督が舞台を去る。今年1月、今大会を最後に勇退することを発表したのが、20日に登場する報徳学園(兵庫)の永田裕治監督(53)だ。23年間の監督生活で甲子園には春10回、夏7回出場し、通算20勝16敗。02年春は現ロッテの大谷を擁して全国制覇した。定年にはまだ間がある永田監督に退任の理由や心境を聞いた。

――なぜ、勇退するのですか?

「後継者の大角健二部長(36)が育ってきたからです。彼は13年間も、僕を支えてくれましたからね。もともと、50歳から55歳くらいの間までには身を引くつもりだったんです。なぜこのタイミングかといえば今、1年にかなり有望な子がいるからです。来年の報徳は間違いなく強い。だからこそ、奇麗な形で交代したかった」

――それだけ強いチームとなると、来年もやりたかったのでは?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  7. 7

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  8. 8

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  9. 9

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  10. 10

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る