日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

肉だけ食ベにわざわざ沖縄へ 野茂英雄氏は意外にも美食家

 野茂英雄氏(48)が、かつての本拠地でもあるロサンゼルスのドジャースタジアムで21日(日本時間22日)のWBC準決勝、日本対米国の始球式に登場。ドジャースでプレーしたときの指揮官であるトミー・ラソーダ氏(89=現ドジャースのスペシャルアドバイザー)からボールを受け取った。

 実はそんな野茂氏が今年の1月下旬、沖縄は名護市の外れにある派手な外観のステーキハウスに姿を見せていた。

「名護では一、二を争う老舗で、軟らかいヒレ肉がバツグンにうまいステーキハウスです。地元の人たちにも人気のその店に、あの野茂さんが来たというんです。うまそうにステーキをペロリと平らげていたそうです」(常連客のひとり)

 何しろ狭い町だ。野茂が名護でステーキを食べたという話は、またたく間に名護中に知れ渡った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事