キューバ代表最強復権へ WBC次回大会は“2世チーム”編成

公開日:

 かつての野球大国が復権に乗り出す。

 先のWBCでオランダ相手にコールド負けするなど3戦全敗し、3大会連続2次ラウンド敗退に終わったキューバ。国内のトップ選手が相次いで亡命し、メジャーに流出したこともあり、戦力低下は歴然だった。最強布陣を編成するのは、もはや国内の選手だけでは限界だ。

 キューバ野球の弱体化には現役メジャーリーガーからも嘆きの声が上がっており、今大会初優勝した米国代表の5番打者エリック・ホスマー内野手(27=ロイヤルズ)もその一人。

 キューバ系移民の両親を持つホスマーは自身のSNSを通じて「キューバにルーツを持つ米国籍選手でチームを編成すべきだ」と呼びかけている。

 今回はチーム編成に当たり、キューバ政府が亡命選手の代表入りに難色を示したため見送られたといわれる。今後もキューバ政府が一度、国を捨てた選手を代表として認める可能性は低い。ユダヤ系の選手で編成して今大会に臨んだイスラエルのように「キューバ代表にも米国人選手を加えるべきだ」(ホスマー)というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る