キューバ代表最強復権へ WBC次回大会は“2世チーム”編成

公開日: 更新日:

 かつての野球大国が復権に乗り出す。

 先のWBCでオランダ相手にコールド負けするなど3戦全敗し、3大会連続2次ラウンド敗退に終わったキューバ。国内のトップ選手が相次いで亡命し、メジャーに流出したこともあり、戦力低下は歴然だった。最強布陣を編成するのは、もはや国内の選手だけでは限界だ。

 キューバ野球の弱体化には現役メジャーリーガーからも嘆きの声が上がっており、今大会初優勝した米国代表の5番打者エリック・ホスマー内野手(27=ロイヤルズ)もその一人。

 キューバ系移民の両親を持つホスマーは自身のSNSを通じて「キューバにルーツを持つ米国籍選手でチームを編成すべきだ」と呼びかけている。

 今回はチーム編成に当たり、キューバ政府が亡命選手の代表入りに難色を示したため見送られたといわれる。今後もキューバ政府が一度、国を捨てた選手を代表として認める可能性は低い。ユダヤ系の選手で編成して今大会に臨んだイスラエルのように「キューバ代表にも米国人選手を加えるべきだ」(ホスマー)というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

  10. 10

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る