今大会成功に味を占め…WBCが収益拡大へ日本市場を狙う

公開日:

 2大会連続準決勝敗退ながら、WBCでの日本の盛り上がりはハンパじゃなかった。

 主催者は23日(日本時間24日)、観客動員数が過去最高の108万6720人に達したと発表。米国とプエルトリコによる決勝は5万1565人で、1試合の集客としては第2回大会決勝の日本―韓国戦(5万4846人)に次ぐ数字だが、このうち半数近くは日本人だったというのだ。日本が決勝に進むのを見越してファンはチケットを予約したのだろう。

 日本での予選ラウンドは、いずれも好調。2次が20万9072人、1次が20万6534人を集め、予選ラウンドでは歴代1、2位となった。大会公式グッズの売り上げも、東京の1次ラウンドが25%増と、これまでトップだった13年の福岡1次ラウンドを上回った。

 中継するテレビ局は日本の優勝をあおる特番を組み、リポーターにタレントを起用。国内各地で行われた準決勝(米・ロサンゼルス)のパブリックビューイングには、多数のファンが詰めかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る