今大会成功に味を占め…WBCが収益拡大へ日本市場を狙う

公開日: 更新日:

 2大会連続準決勝敗退ながら、WBCでの日本の盛り上がりはハンパじゃなかった。

 主催者は23日(日本時間24日)、観客動員数が過去最高の108万6720人に達したと発表。米国とプエルトリコによる決勝は5万1565人で、1試合の集客としては第2回大会決勝の日本―韓国戦(5万4846人)に次ぐ数字だが、このうち半数近くは日本人だったというのだ。日本が決勝に進むのを見越してファンはチケットを予約したのだろう。

 日本での予選ラウンドは、いずれも好調。2次が20万9072人、1次が20万6534人を集め、予選ラウンドでは歴代1、2位となった。大会公式グッズの売り上げも、東京の1次ラウンドが25%増と、これまでトップだった13年の福岡1次ラウンドを上回った。

 中継するテレビ局は日本の優勝をあおる特番を組み、リポーターにタレントを起用。国内各地で行われた準決勝(米・ロサンゼルス)のパブリックビューイングには、多数のファンが詰めかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  9. 9

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希は「U18日本代表を辞退すべき」の根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る