横峯さくら 父の協力で飛距離取り戻し2アンダー好発進

公開日: 更新日:

【ANAインスピレーション】

 今大会初日は午後2時過ぎから、突然台風並みの強風が吹き荒れた。

 会場内のスコアボードが倒され、椅子やごみ箱が吹っ飛び、グリーン上のボールは止まらずに競技が中断。その後も風は静まるどころか強まる一方で、午後スタート選手の多くがホールアウトできず荒天のためサスペンドになった。

 ただ午前組はほとんど風のない好コンディション。そのツキを生かしたのが米ツアー参戦3年目の横峯さくら(31)だ。

 あさ7時15分に10番からトップスタート。

 11番パー5は2打目をグリーンそばまで運ぶと、アプローチはピンそば1.5メートル。これを決めてバーディーが先行。

 その後は15ホール続けて手堅くパーセーブ。上がり9番パー5で2つ目のバーディーを決めて2アンダーでホールアウト。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る