横峯さくら 父の協力で飛距離取り戻し2アンダー好発進

公開日: 更新日:

 野村敏京(24)とともに首位と3打差8位タイ(暫定)につけた。

 今大会は4年連続8度目で予選落ちは1度しかないが、トップ10が一度もない。

 ツアー記者が「オフに父親の良郎さんに頭を下げて指導を受け、昔の飛距離を取り戻したのが大きい」とこう続ける。

「当初は2年間の米ツアー参戦計画だったようですが、1勝もできず、勝つまで日本には戻らないと決めたようです。この2年間でドライバー飛距離が日本にいた時よりも20~30ヤード近くも落ちた。そこで、横峯の体やクセをよく知っている父親にもう一度スイングをチェックしてもらったところ、すぐに全盛期の飛距離を取り戻したそうです」

 昨年の米ドライバー平均飛距離は248・6ヤード(ランク109位)だったが、初日のドライバー平均飛距離は263ヤードと伸びた。

 親子の強力タッグが好スコアに直結したわけだ。

■横峯の話
「風もなく、ノーボギーでよかった。ショートパットがよく入った。久しぶりにアンダー発進。明日は一打一打丁寧にプレーする」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

  10. 10

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る