ヘトヘトでも初勝利 G菅野“開幕回避”がプラスになるワケ

公開日: 更新日:

 実際、昨年の菅野の得点援護率は、1試合平均2.88。これは規定投球回に達したセ・リーグの投手でワーストで、15年の3.11もその年のワースト2位だった。

 この日、菅野はDeNA打線を相手に7回1失点。6安打を浴び、六回まで毎回走者を出す内容だった。相手の今永も好投し、1-1の同点のままマウンドを降りたものの、直後に味方が勝ち越し、今季初勝利が転がり込んできた。

「今永君も気持ちが入っていた。彼が降りるまでは、自分もマウンドを守らなければと思って投げた。なんとか粘れてよかったです」

 とは、試合後の菅野。昨年までなら、「よく投げたけど」と勝ち負けつかずの試合になったかもしれないが、この日は八回に打線が爆発した。1死二塁から立岡、坂本が連続適時打。最後は4番の阿部が開幕から4試合で3本目となるダメ押しの一発を右翼ポール際に運び、ベンチに下がったエースを援護した。

 20勝はともかく、確かに菅野の勝ち星は伸びそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る