巨人と広島“ベンチの大差”…由伸監督と緒方監督の好対照

公開日: 更新日:

「まだ、開幕して10試合ちょっとでしょ。巨人のベンチは、何をドタバタしてるのかね」

 巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言った。

 12日の広島戦を前に巨人は7年目右腕の宮国椋丞(24)を二軍から緊急昇格させた。宮国は今季、3年ぶりに先発に復帰。開幕ローテにこそ漏れたものの、二軍で2戦2勝、防御率0.00と結果を出していた。この日のイースタン・リーグDeNA戦で3試合目の先発マウンドに上がる予定だったところへ急きょ、一軍からお呼びがかかったのだが、

「リリーフ要員だというのでしょ。実際、この日は四回から2番手で登板し、2イニング目に1点を失った。確かにここ数試合、巨人はリリーフ陣の失点で負けてはいる。当初から不安視されていた部分であるとはいえ、先発候補を再転向させてまでテコ入れする時期じゃありませんよ。先発復帰に意欲を見せていた宮国も、今のブルペン陣も決して気分は良くない。開幕から連敗が続いているというならまだしも、まだ貯金があってジタバタするほどのチーム状態じゃないでしょう。ベンチが焦れば、選手は『ん? そんなにやばいのか』と疑心暗鬼になるもの。今はまだ見極めの時期で、どっしり構えてやればいいんですけどね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る