WBC後遺症か…5失点の巨人・菅野は“100球”が今の限界

公開日: 更新日:

 巨人菅野智之(27)がやられた。

 昨季、17.5ゲームの大差をつけられ、リーグ優勝をさらわれた広島との今季初対決。先発した菅野は五回まで8奪三振の快投で、試合は3-0と楽勝ペース――となるはずだった。が、球数96球で迎えた六回に暗転した。

 1死一、三塁のピンチを招くと、安部の打球を一塁手・阿部の野選で1失点。なおも2死二、三塁で代打の小窪に右越え2点三塁打を浴び、同点とされたところでマウンドを降りた。2番手の谷岡竜平(21=東芝)が菊池、鈴木に適時打を浴びたため、菅野は毎回の9三振を奪いながら六回途中5失点。昨季2.01で最優秀防御率のタイトルを取ったエースが、今季は2試目で4.26に跳ね上がってしまった。セ・リーグのあるスコアラーがこう指摘する。

「六回になって球数がちょうど100球に達する頃から直球系の球が140キロ台後半が多くなり、球威が落ちたように見えた。ラウンドごとに球数制限があるWBCでエースとして奮闘したからか、111球で7回1失点だった前回のDeNA戦も、100球を超えておやっ? と思ったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  6. 6

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  9. 9

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  10. 10

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

もっと見る