• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WBC後遺症か…5失点の巨人・菅野は“100球”が今の限界

 巨人の菅野智之(27)がやられた。

 昨季、17.5ゲームの大差をつけられ、リーグ優勝をさらわれた広島との今季初対決。先発した菅野は五回まで8奪三振の快投で、試合は3-0と楽勝ペース――となるはずだった。が、球数96球で迎えた六回に暗転した。

 1死一、三塁のピンチを招くと、安部の打球を一塁手・阿部の野選で1失点。なおも2死二、三塁で代打の小窪に右越え2点三塁打を浴び、同点とされたところでマウンドを降りた。2番手の谷岡竜平(21=東芝)が菊池、鈴木に適時打を浴びたため、菅野は毎回の9三振を奪いながら六回途中5失点。昨季2.01で最優秀防御率のタイトルを取ったエースが、今季は2試目で4.26に跳ね上がってしまった。セ・リーグのあるスコアラーがこう指摘する。

「六回になって球数がちょうど100球に達する頃から直球系の球が140キロ台後半が多くなり、球威が落ちたように見えた。ラウンドごとに球数制限があるWBCでエースとして奮闘したからか、111球で7回1失点だった前回のDeNA戦も、100球を超えておやっ? と思ったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る