期待の森福も被弾 巨人30億円補強も“昨季の穴”埋まらず

公開日:  更新日:

「左が欲しい」

 巨人の高橋由伸監督(42)と尾花投手コーチらは、昨シーズン中からこう漏らしていたという。9年連続60試合登板の鉄腕・山口鉄也(33)の力に明らかな陰りが見え始めたからである。

 6勝2敗と好スタートを切った巨人。ただ、2敗の内訳が問題だ。山口鉄と森福允彦(30)の左のセットアッパーがそれぞれ喫しているのだ。今季の救援陣は八回マシソン、九回カミネロだけが決まっている。七回にはドラ3右腕・谷岡竜平(21=東芝)、ドラ4左腕・池田駿(24=ヤマハ)の新人2人を組み込むプランがあるというが、勝利の方程式として1シーズンフル回転してくれるかは、もちろん未知数だ。

 山口鉄は今季2試合で1敗、防御率13.50。昨季は1勝6敗1セーブ、同4.94。全盛期は年間を通じてほとんど打たれず、防御率は0点台が当たり前だった。勤続疲労は明らかで、後継者探しはここ数年の最大の懸案事項なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る