黒田の穴は数でカバー 7連勝の広島“投手優先指名”が奏功

公開日: 更新日:

 広島が逆転勝ちで7連勝。巨人をかわして単独首位に立った。

 9日のヤクルト戦に先発した九里は七回2失点で降板。その裏に打線が一挙5点を奪い、2勝目が転がり込んだ。お立ち台では「野手の方が逆転してくれたおかげ」と笑顔。開幕前の期待度はそれほど高くなかっただけに、緒方監督も「ナイスピッチング。よく投げてくれた」と笑いが止まらなかった。

 開幕戦でジョンソンが黒星を喫して以来、広島は負けていない。チーム打率.274の強力打線もさることながら、引退した黒田が抜けた穴を投手陣全体でカバーしていることも見逃せない。

 この3連戦は、7日、ドラ1新人の加藤がノーヒットノーランまであと2人に迫る快投。8日は元ドラ1で2年目の岡田が今季初勝利。ここ8試合の先発は、昨季最多勝の野村を除けば、大瀬良、ドラ3新人の床田といった昨季はほぼ先発にいなかったメンバーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  6. 6

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  7. 7

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  8. 8

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  9. 9

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  10. 10

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

もっと見る