日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリ1年目とは大違い 虎糸井“別メニュー発進”で増す重圧

 あの時とは似ているようでまるで違う。

 オリックスからFA移籍してきた糸井嘉男(35)が31日、沖縄キャンプの宿舎で全体ミーティングに参加し、選手と笑顔で挨拶。「新しいチームに入ったということを実感しました」と言った。キャンプは右膝の関節炎で当分は別メニューだが、日本ハムからオリックスへトレードされた13年のキャンプでも、いきなり左太もも裏の張りでリタイアして周囲を慌てさせた。それでも同年は自己最多の141試合に出場し、打率・300、61打点の成績を残し、17本塁打、33盗塁、157安打もキャリアハイだった。しかし、当時とは状況は大きく異なる。

 13年1月、電撃トレードされた時は本人も衝撃を受けた。主力を放出した古巣を見返すために発奮したことは想像に難くないし、移籍先は人気のないオリックス。大きな重圧もなくプレーできた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事