稀勢の里の胸に刻まれた亡き師匠・隆の里の“孤高の哲学”

公開日:

 先代の言葉は深く、胸に刻まれている。

 25日、横綱稀勢の里(30)に、漫画雑誌の編集やアニメ制作などを手がけるコアミックスが、化粧まわしを贈ることが発表された。描かれているのは人気漫画「北斗の拳」の悪役・ラオウ。稀勢の里は主人公のケンシロウではなくラオウを選んだ理由として、

「自分の性格的にはラオウというのがあるのかなと思いました。孤独で強いってイメージがありますし」

 とコメント。さらに「先代の親方(鳴戸親方)からも『孤独にならないと強くなれない』と言われていました」と続けた。

 稀勢の里は1月場所の優勝一夜明け会見でも、11年に故人となった師匠の同様の言葉を引用。「どういう意味かは分からないけど……」と話していた。

 相撲評論家の中澤潔氏は「隆の里は独特の哲学を持った力士でした」と、こう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る