稀勢の里の胸に刻まれた亡き師匠・隆の里の“孤高の哲学”

公開日: 更新日:

 先代の言葉は深く、胸に刻まれている。

 25日、横綱稀勢の里(30)に、漫画雑誌の編集やアニメ制作などを手がけるコアミックスが、化粧まわしを贈ることが発表された。描かれているのは人気漫画「北斗の拳」の悪役・ラオウ。稀勢の里は主人公のケンシロウではなくラオウを選んだ理由として、

「自分の性格的にはラオウというのがあるのかなと思いました。孤独で強いってイメージがありますし」

 とコメント。さらに「先代の親方(鳴戸親方)からも『孤独にならないと強くなれない』と言われていました」と続けた。

 稀勢の里は1月場所の優勝一夜明け会見でも、11年に故人となった師匠の同様の言葉を引用。「どういう意味かは分からないけど……」と話していた。

 相撲評論家の中澤潔氏は「隆の里は独特の哲学を持った力士でした」と、こう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  3. 3

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  4. 4

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  5. 5

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  6. 6

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  7. 7

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

  8. 8

    白石麻衣「写真集37万部」の凄さ アイドルでは実質歴代2位

  9. 9

    ゴーンが逃亡直前「極秘インタビュー」10時間で語ったこと

  10. 10

    筆者も招待…「桜」疑惑背任罪での告発は本質をついている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る