稀勢の里の胸に刻まれた亡き師匠・隆の里の“孤高の哲学”

公開日:

 先代の言葉は深く、胸に刻まれている。

 25日、横綱稀勢の里(30)に、漫画雑誌の編集やアニメ制作などを手がけるコアミックスが、化粧まわしを贈ることが発表された。描かれているのは人気漫画「北斗の拳」の悪役・ラオウ。稀勢の里は主人公のケンシロウではなくラオウを選んだ理由として、

「自分の性格的にはラオウというのがあるのかなと思いました。孤独で強いってイメージがありますし」

 とコメント。さらに「先代の親方(鳴戸親方)からも『孤独にならないと強くなれない』と言われていました」と続けた。

 稀勢の里は1月場所の優勝一夜明け会見でも、11年に故人となった師匠の同様の言葉を引用。「どういう意味かは分からないけど……」と話していた。

 相撲評論家の中澤潔氏は「隆の里は独特の哲学を持った力士でした」と、こう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

もっと見る