• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

稀勢の里の胸に刻まれた亡き師匠・隆の里の“孤高の哲学”

 先代の言葉は深く、胸に刻まれている。

 25日、横綱稀勢の里(30)に、漫画雑誌の編集やアニメ制作などを手がけるコアミックスが、化粧まわしを贈ることが発表された。描かれているのは人気漫画「北斗の拳」の悪役・ラオウ。稀勢の里は主人公のケンシロウではなくラオウを選んだ理由として、

「自分の性格的にはラオウというのがあるのかなと思いました。孤独で強いってイメージがありますし」

 とコメント。さらに「先代の親方(鳴戸親方)からも『孤独にならないと強くなれない』と言われていました」と続けた。

 稀勢の里は1月場所の優勝一夜明け会見でも、11年に故人となった師匠の同様の言葉を引用。「どういう意味かは分からないけど……」と話していた。

 相撲評論家の中澤潔氏は「隆の里は独特の哲学を持った力士でした」と、こう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る