ハム大谷「太もも肉離れ」を引き起こした“大人の事情”

公開日:

 打者が打って一塁に走るのは、野球のイロハのイ。そんな子供ですら日常的に行っている動作によって、大ケガを負ったのが大谷翔平(22=日本ハム)だ。

 8日のオリックス戦で、一塁に走った際、左太ももの肉離れに。復帰まで1カ月半の重症だ。仮にも野球でメシを食っているプロの選手が、走っただけで長期間の離脱を強いられることになった理由は一にも二にも、脆弱な下半身にある。

 大谷は右足首痛を抱えていて、栗山監督から全力疾走や右足でベースを踏むことを禁じられていたほど。下半身を鍛えようにも鍛えられなかったことが、今回のケガの最大の原因だ。

 昨年の日本シリーズと、直後のWBC強化合宿で右足首痛に。三角骨と呼ばれる余計な骨が、周囲や神経を刺激して痛みにつながった。投手にとって肘の遊離軟骨、俗に言う“ネズミ”のようなもので、手術で取り除いてしまえば完治するし、2、3カ月で復帰できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る