ハム大谷「太もも肉離れ」を引き起こした“大人の事情”

公開日: 更新日:

 打者が打って一塁に走るのは、野球のイロハのイ。そんな子供ですら日常的に行っている動作によって、大ケガを負ったのが大谷翔平(22=日本ハム)だ。

 8日のオリックス戦で、一塁に走った際、左太ももの肉離れに。復帰まで1カ月半の重症だ。仮にも野球でメシを食っているプロの選手が、走っただけで長期間の離脱を強いられることになった理由は一にも二にも、脆弱な下半身にある。

 大谷は右足首痛を抱えていて、栗山監督から全力疾走や右足でベースを踏むことを禁じられていたほど。下半身を鍛えようにも鍛えられなかったことが、今回のケガの最大の原因だ。

 昨年の日本シリーズと、直後のWBC強化合宿で右足首痛に。三角骨と呼ばれる余計な骨が、周囲や神経を刺激して痛みにつながった。投手にとって肘の遊離軟骨、俗に言う“ネズミ”のようなもので、手術で取り除いてしまえば完治するし、2、3カ月で復帰できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る