単独トップ今平周吾に谷口徹から「年間5勝」の重ノルマ

公開日:

【中日クラウンズ 2日目】

 プロ転向7年目の今平周吾(24)が大会2日目が終わって通算10アンダーまでスコアを伸ばし、単独トップに立った。

 中学生の時に関東ジュニア2連覇(06、07年)。高1で出場した08年日本ジュニアでは松山英樹を制して優勝。そして高校を中退して渡米し、09年全米ジュニアのベスト8に入ったこともある。アマ時代から注目選手だったのだ。

 帰国後の11年にプロ転向。下部ツアー3年目の14年に初優勝と同時にチャレンジ賞金王に輝いた。15年にレギュラー初シードを獲得して、ツアー3年目の若手だが未勝利だ。

 その今平が谷口徹から「今平には5勝してもらわないと」とハッパをかけられている。

「今平は今年から藤田寛之、谷口と同じクラブメーカーのヤマハと契約したのです。女子プロは大山志保、有村智恵、ユン・チェヨンの3人が加わり、大江香織、野村敏京と豪華な顔ぶれになった。ところが男子の新顔は今平だけ。そしてヤマハ契約全選手で今年は10勝する目標を掲げました。発表会場が都内の高級ホテルだったので、谷口が“これまでこんなホテルでの発表会はなかった。(ヤマハに報いるためにも)5勝してもらう”と席上でプッシュしたのです。藤田が47歳、谷口が49歳でノルマに貢献するのは大変だから、若い今平によろしく頼むというわけです」(ツアー記者)

 そのお目付け役ともいえる谷口は2打差2位タイにつけており、バックアップ態勢も整っている。

 今平は「まだ勝ったことがないのに契約させてもらった」と感謝している。ヤマハへ恩返しのためにもあと2日間ガムシャラにプレーするしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る