• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

単独トップ今平周吾に谷口徹から「年間5勝」の重ノルマ

【中日クラウンズ 2日目】

 プロ転向7年目の今平周吾(24)が大会2日目が終わって通算10アンダーまでスコアを伸ばし、単独トップに立った。

 中学生の時に関東ジュニア2連覇(06、07年)。高1で出場した08年日本ジュニアでは松山英樹を制して優勝。そして高校を中退して渡米し、09年全米ジュニアのベスト8に入ったこともある。アマ時代から注目選手だったのだ。

 帰国後の11年にプロ転向。下部ツアー3年目の14年に初優勝と同時にチャレンジ賞金王に輝いた。15年にレギュラー初シードを獲得して、ツアー3年目の若手だが未勝利だ。

 その今平が谷口徹から「今平には5勝してもらわないと」とハッパをかけられている。

「今平は今年から藤田寛之、谷口と同じクラブメーカーのヤマハと契約したのです。女子プロは大山志保、有村智恵、ユン・チェヨンの3人が加わり、大江香織、野村敏京と豪華な顔ぶれになった。ところが男子の新顔は今平だけ。そしてヤマハ契約全選手で今年は10勝する目標を掲げました。発表会場が都内の高級ホテルだったので、谷口が“これまでこんなホテルでの発表会はなかった。(ヤマハに報いるためにも)5勝してもらう”と席上でプッシュしたのです。藤田が47歳、谷口が49歳でノルマに貢献するのは大変だから、若い今平によろしく頼むというわけです」(ツアー記者)

 そのお目付け役ともいえる谷口は2打差2位タイにつけており、バックアップ態勢も整っている。

 今平は「まだ勝ったことがないのに契約させてもらった」と感謝している。ヤマハへ恩返しのためにもあと2日間ガムシャラにプレーするしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る