単独トップ今平周吾に谷口徹から「年間5勝」の重ノルマ

公開日:

【中日クラウンズ 2日目】

 プロ転向7年目の今平周吾(24)が大会2日目が終わって通算10アンダーまでスコアを伸ばし、単独トップに立った。

 中学生の時に関東ジュニア2連覇(06、07年)。高1で出場した08年日本ジュニアでは松山英樹を制して優勝。そして高校を中退して渡米し、09年全米ジュニアのベスト8に入ったこともある。アマ時代から注目選手だったのだ。

 帰国後の11年にプロ転向。下部ツアー3年目の14年に初優勝と同時にチャレンジ賞金王に輝いた。15年にレギュラー初シードを獲得して、ツアー3年目の若手だが未勝利だ。

 その今平が谷口徹から「今平には5勝してもらわないと」とハッパをかけられている。

「今平は今年から藤田寛之、谷口と同じクラブメーカーのヤマハと契約したのです。女子プロは大山志保、有村智恵、ユン・チェヨンの3人が加わり、大江香織、野村敏京と豪華な顔ぶれになった。ところが男子の新顔は今平だけ。そしてヤマハ契約全選手で今年は10勝する目標を掲げました。発表会場が都内の高級ホテルだったので、谷口が“これまでこんなホテルでの発表会はなかった。(ヤマハに報いるためにも)5勝してもらう”と席上でプッシュしたのです。藤田が47歳、谷口が49歳でノルマに貢献するのは大変だから、若い今平によろしく頼むというわけです」(ツアー記者)

 そのお目付け役ともいえる谷口は2打差2位タイにつけており、バックアップ態勢も整っている。

 今平は「まだ勝ったことがないのに契約させてもらった」と感謝している。ヤマハへ恩返しのためにもあと2日間ガムシャラにプレーするしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る