POボギー決着で賞金3000万円 男子ゴルフ“泥仕合”の深刻

公開日: 更新日:

【パナソニックオープン 最終日】

 5年ぶりツアー7勝目を挙げた久保谷健一(45)がポツリとこぼした「2人で泥仕合をやってしまいました」という言葉が、試合内容を見事に言い当てている。

 もちろんプレーオフだけでなく本戦も締まりがなく見せ場もなかった。

 4アンダー20位タイ発進の久保谷が7バーディー、ノーボギーの64で回り通算11アンダーで先にホールアウト。後続には8組24選手もプレーしており、クラブハウスリーダーだったが「早く荷造りして帰ります」(久保谷)と勝利の目はないとあきらめていた。

 ところが、待てど暮らせどスコアを伸ばす選手が現れない。最終組から1組前の宮本勝昌(44)が18番パー5のバーディーで追いつきプレーオフに持ち込むのがやっとだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  3. 3

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  4. 4

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  5. 5

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  6. 6

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  7. 7

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  8. 8

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

  9. 9

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  10. 10

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る