• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子ツアー“ジリ貧”の象徴 「中日クラウンズ」はAO頼み

【中日クラウンズ 初日】

「青木功(74)と尾崎将司(70)の2人をペアリングにして、大会のウリにするのは寂しい限りです。2人合わせて28オーバーでは、見せ物にもならない」

 こう指摘するのはゴルフ評論家の児島宏氏だ。

 今大会は、かつて男子ツアーの春の華やかな大会として有名だった。歴代チャンピオンにはグレッグ・ノーマン、セベ・バレステロス、デービス・ラブⅢ、ジャスティン・ローズらメジャータイトル保持者が名を連ねる。それどころか、ジャック・ニクラス、アーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤーのビッグスリーのほか、フレッド・カプルス、ジョン・デーリー、コーリー・ペイビンも出場したことがある。米ツアーが行われている最中に、わざわざ来日出場したのだ。

「大会は地元テレビと新聞社の主催で、トヨタ自動車が協賛と名古屋を代表する目玉のゴルフ大会です。景気の良かったころは国際招待ゴルフと銘打って、優勝賞金と同額ともいわれたアピアランスフィを用意して、毎年のように大物外国人プロが出場したものです。しかし、米ツアーは2000年ごろからタイガー・ウッズが活躍しだして、同時に放映権料が跳ね上がり、優勝賞金がどんどんアップしていった。いまでは1億円を超えており、今大会優勝の2400万円では見向きもされないでしょう。それに世界ランク加算のポイントを見ても、大物外国人プロがわざわざシーズン中に日本まで行って出場する魅力を感じないのでしょう」(前出の児島宏氏)

 昨年実績で今大会優勝者に与えられるのは16ポイント。試合形式は違うが、今週行われる米ツアー、チューリッヒクラシック優勝は昨年実績で44ポイント、優勝賞金は126万ドル(1億3860万円)だ。大会レベルの違いがよく分かり、AO頼みが似つかわしいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る