男子ツアー“ジリ貧”の象徴 「中日クラウンズ」はAO頼み

公開日:  更新日:

【中日クラウンズ 初日】

「青木功(74)と尾崎将司(70)の2人をペアリングにして、大会のウリにするのは寂しい限りです。2人合わせて28オーバーでは、見せ物にもならない」

 こう指摘するのはゴルフ評論家の児島宏氏だ。

 今大会は、かつて男子ツアーの春の華やかな大会として有名だった。歴代チャンピオンにはグレッグ・ノーマン、セベ・バレステロス、デービス・ラブⅢ、ジャスティン・ローズらメジャータイトル保持者が名を連ねる。それどころか、ジャック・ニクラス、アーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤーのビッグスリーのほか、フレッド・カプルス、ジョン・デーリー、コーリー・ペイビンも出場したことがある。米ツアーが行われている最中に、わざわざ来日出場したのだ。

「大会は地元テレビと新聞社の主催で、トヨタ自動車が協賛と名古屋を代表する目玉のゴルフ大会です。景気の良かったころは国際招待ゴルフと銘打って、優勝賞金と同額ともいわれたアピアランスフィを用意して、毎年のように大物外国人プロが出場したものです。しかし、米ツアーは2000年ごろからタイガー・ウッズが活躍しだして、同時に放映権料が跳ね上がり、優勝賞金がどんどんアップしていった。いまでは1億円を超えており、今大会優勝の2400万円では見向きもされないでしょう。それに世界ランク加算のポイントを見ても、大物外国人プロがわざわざシーズン中に日本まで行って出場する魅力を感じないのでしょう」(前出の児島宏氏)

 昨年実績で今大会優勝者に与えられるのは16ポイント。試合形式は違うが、今週行われる米ツアー、チューリッヒクラシック優勝は昨年実績で44ポイント、優勝賞金は126万ドル(1億3860万円)だ。大会レベルの違いがよく分かり、AO頼みが似つかわしいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る