• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子ツアー“ジリ貧”の象徴 「中日クラウンズ」はAO頼み

【中日クラウンズ 初日】

「青木功(74)と尾崎将司(70)の2人をペアリングにして、大会のウリにするのは寂しい限りです。2人合わせて28オーバーでは、見せ物にもならない」

 こう指摘するのはゴルフ評論家の児島宏氏だ。

 今大会は、かつて男子ツアーの春の華やかな大会として有名だった。歴代チャンピオンにはグレッグ・ノーマン、セベ・バレステロス、デービス・ラブⅢ、ジャスティン・ローズらメジャータイトル保持者が名を連ねる。それどころか、ジャック・ニクラス、アーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤーのビッグスリーのほか、フレッド・カプルス、ジョン・デーリー、コーリー・ペイビンも出場したことがある。米ツアーが行われている最中に、わざわざ来日出場したのだ。

「大会は地元テレビと新聞社の主催で、トヨタ自動車が協賛と名古屋を代表する目玉のゴルフ大会です。景気の良かったころは国際招待ゴルフと銘打って、優勝賞金と同額ともいわれたアピアランスフィを用意して、毎年のように大物外国人プロが出場したものです。しかし、米ツアーは2000年ごろからタイガー・ウッズが活躍しだして、同時に放映権料が跳ね上がり、優勝賞金がどんどんアップしていった。いまでは1億円を超えており、今大会優勝の2400万円では見向きもされないでしょう。それに世界ランク加算のポイントを見ても、大物外国人プロがわざわざシーズン中に日本まで行って出場する魅力を感じないのでしょう」(前出の児島宏氏)

 昨年実績で今大会優勝者に与えられるのは16ポイント。試合形式は違うが、今週行われる米ツアー、チューリッヒクラシック優勝は昨年実績で44ポイント、優勝賞金は126万ドル(1億3860万円)だ。大会レベルの違いがよく分かり、AO頼みが似つかわしいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る