• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復調気配も力み取れず…日ハム中田翔を蝕む虎移籍の重圧

 ここ4試合は18打数7安打、4打点。昨9日は初回に適時打まで放ったから復調気配には違いない。日本ハムの主砲・中田翔(28)のことだ。

 それでも打率.210、2本塁打、9打点は、4番打者としては物足りない。

 開幕直前のWBCでは、DeNAの筒香とともに日本代表の中軸を務めた。その疲労の影響とみる向きもあるが、それより何より大きいのは移籍のプレッシャーだという。

 中田は今季中に取得予定のFA権で、オフに阪神への移籍が確実視されている。それが既定路線であるがゆえに、本人が重圧を感じているというのだ。

「いくら既定路線であっても、今年の成績があまりに不甲斐ないと、さすがに阪神は手を引くんじゃないか」

「今年こそいい成績を残して、少しでもいい条件を手にしなければ移籍の意味がないだろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事