キラー攻略へ虎執念 菅野KOなら巨人は先発ローテ再編も

公開日:  更新日:

 3位巨人が2.5ゲーム差で追う首位の阪神を東京ドームに迎えての2連戦。9日の初戦は、65年の「エースのジョー」こと城之内邦雄以来、52年ぶりの4試合連続完封勝利を目指すエースの菅野智之(27)が先陣を切る。今季初の阪神戦となるが、昨季は2勝1敗、防御率0.60と相性はいい。

 ただ、油断はできない。昨季まで2年間負けなしの絶対的虎キラーだったマイコラスが4月に4失点KOされ初黒星。阪神戦の防御率はもっか4.85となっている。阪神の関係者によると、「オフの間に昨年やられた投手、野手を徹底的に洗い出し、今年は各球団の阪神キラーといわれる選手を一人ずつ潰していこう」という指令が金本監督から出されているという。巨人のもう一人のキラー・田口には昨年から6連敗中で、4月に抑えられた試合後に同監督が「同じ相手にやられ過ぎ」と激怒。「キラー攻略」に執念を燃やしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る