ロッテ4番パラデス解雇危機 キューバ人野手獲りで加速か

公開日:

「使えそうな助っ人なら誰でも……」というのが、現場の心境だろう。

 11日はオリックスに負け、5位と低迷中のロッテ。そんなチームに浮上しているのが、キューバのロエル・サントス(29)取りだ。走りながら打つような打撃が特徴的な左打者で、WBCでは「1番・中堅」として、打率.318と活躍。すでにキューバの複数メディアがロッテ入りについて報じている。

 とはいえ、ロッテが欲しいのはオフにソフトバンクへ移籍したデスパイネに代わる大砲。俊足巧打のサントスではタイプが違うものの、そんなぜいたくを言える余裕はない。

 チーム打率が.201と12球団で最低。中でもひどいのが開幕から4番に座るパラデス(28)だ。15年にオリオールズで10本塁打を打った実績を引っ提げ、オフに年俸約1億3300万円で入団。しかし、この日は2安打したものの、打率.182。打点、本塁打ともにゼロの上、33打数で13三振とからっきしなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る