ロッテ4番パラデス解雇危機 キューバ人野手獲りで加速か

公開日:

「使えそうな助っ人なら誰でも……」というのが、現場の心境だろう。

 11日はオリックスに負け、5位と低迷中のロッテ。そんなチームに浮上しているのが、キューバのロエル・サントス(29)取りだ。走りながら打つような打撃が特徴的な左打者で、WBCでは「1番・中堅」として、打率.318と活躍。すでにキューバの複数メディアがロッテ入りについて報じている。

 とはいえ、ロッテが欲しいのはオフにソフトバンクへ移籍したデスパイネに代わる大砲。俊足巧打のサントスではタイプが違うものの、そんなぜいたくを言える余裕はない。

 チーム打率が.201と12球団で最低。中でもひどいのが開幕から4番に座るパラデス(28)だ。15年にオリオールズで10本塁打を打った実績を引っ提げ、オフに年俸約1億3300万円で入団。しかし、この日は2安打したものの、打率.182。打点、本塁打ともにゼロの上、33打数で13三振とからっきしなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る