• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロッテ4番パラデス解雇危機 キューバ人野手獲りで加速か

「使えそうな助っ人なら誰でも……」というのが、現場の心境だろう。

 11日はオリックスに負け、5位と低迷中のロッテ。そんなチームに浮上しているのが、キューバのロエル・サントス(29)取りだ。走りながら打つような打撃が特徴的な左打者で、WBCでは「1番・中堅」として、打率.318と活躍。すでにキューバの複数メディアがロッテ入りについて報じている。

 とはいえ、ロッテが欲しいのはオフにソフトバンクへ移籍したデスパイネに代わる大砲。俊足巧打のサントスではタイプが違うものの、そんなぜいたくを言える余裕はない。

 チーム打率が.201と12球団で最低。中でもひどいのが開幕から4番に座るパラデス(28)だ。15年にオリオールズで10本塁打を打った実績を引っ提げ、オフに年俸約1億3300万円で入団。しかし、この日は2安打したものの、打率.182。打点、本塁打ともにゼロの上、33打数で13三振とからっきしなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る