ロッテ4番パラデス解雇危機 キューバ人野手獲りで加速か

公開日: 更新日:

「使えそうな助っ人なら誰でも……」というのが、現場の心境だろう。

 11日はオリックスに負け、5位と低迷中のロッテ。そんなチームに浮上しているのが、キューバのロエル・サントス(29)取りだ。走りながら打つような打撃が特徴的な左打者で、WBCでは「1番・中堅」として、打率.318と活躍。すでにキューバの複数メディアがロッテ入りについて報じている。

 とはいえ、ロッテが欲しいのはオフにソフトバンクへ移籍したデスパイネに代わる大砲。俊足巧打のサントスではタイプが違うものの、そんなぜいたくを言える余裕はない。

 チーム打率が.201と12球団で最低。中でもひどいのが開幕から4番に座るパラデス(28)だ。15年にオリオールズで10本塁打を打った実績を引っ提げ、オフに年俸約1億3300万円で入団。しかし、この日は2安打したものの、打率.182。打点、本塁打ともにゼロの上、33打数で13三振とからっきしなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る