4試合で援護3点じゃ…ロッテ佐々木千隼が不運続き3敗目

公開日: 更新日:

「悔しい。練習していくしかない」

 こう言って肩を落としたのは、ロッテドラフト1位ルーキーの佐々木千隼(22=桜美林大)。11日の楽天戦に先発し、初回にウィーラーに3ランを浴びるなど3回3失点で3敗目(1勝)を喫した。プロ初先発初勝利を挙げて幸先の良いスタートを切ったものの、ここ2試合は初回に走者をためて本塁打を浴びるなど、安定感を欠いている。

 英二投手コーチが「投げ方が壊れている」と評したように、今後に向けた課題は深刻とはいえ、不運な部分も否めない。開幕から4試合、計21回3分の2を投げて援護点はたったの3点。援護率1.25はロッテ先発陣で最も少ない。プロ2戦目のソフトバンク戦(4月20日)は、7回1失点で負け投手になっている。

 チームは借金14の最下位に低迷し、チーム84得点、打率.187はともに12球団ワースト。本人に問題がある上に、援護に恵まれないのだから勝てないわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  9. 8

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る