• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4試合で援護3点じゃ…ロッテ佐々木千隼が不運続き3敗目

「悔しい。練習していくしかない」

 こう言って肩を落としたのは、ロッテドラフト1位ルーキーの佐々木千隼(22=桜美林大)。11日の楽天戦に先発し、初回にウィーラーに3ランを浴びるなど3回3失点で3敗目(1勝)を喫した。プロ初先発初勝利を挙げて幸先の良いスタートを切ったものの、ここ2試合は初回に走者をためて本塁打を浴びるなど、安定感を欠いている。

 英二投手コーチが「投げ方が壊れている」と評したように、今後に向けた課題は深刻とはいえ、不運な部分も否めない。開幕から4試合、計21回3分の2を投げて援護点はたったの3点。援護率1.25はロッテ先発陣で最も少ない。プロ2戦目のソフトバンク戦(4月20日)は、7回1失点で負け投手になっている。

 チームは借金14の最下位に低迷し、チーム84得点、打率.187はともに12球団ワースト。本人に問題がある上に、援護に恵まれないのだから勝てないわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る