• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

伊東監督来季続投でも ロッテ球団で囁かれる「次の名前」

「次の候補がいるらしい」と、ロッテOBがこう言う。

 1年契約の伊東監督(54)の来季続投方針を打ち出したロッテ。優勝争いをするソフトバンク、日本ハムからは大きく差をつけられているとはいえ、3位をキープ。31年ぶりの2年連続Aクラス入りが確実で、伊東監督も続投に意欲を持っているという。

 来年も指揮を執れば就任5年目の長期政権となる。もっとも、ロッテ内部では「伊東の次」も見据えているようだ。

「伊東監督は限られた戦力でも着実に結果を残す手腕があるが、外様ということもあり、ゆくゆくはロッテOBにバトンタッチさせたいようだ。そこで浮上しているのが95年、98年にプレーしたフリオ・フランコ(58=現韓国ロッテ打撃コーチ)。メジャー通算2586安打と実績は抜群で、韓国でもプレー。メキシコや米独立リーグで指導経験があり、昨年はBCリーグの石川で監督兼選手を務めた。今年、ロッテの姉妹球団である韓国ロッテの打撃コーチに就任したのは、ロッテサイドが指導者経験を積んで戻ってきてもらいたいからだともっぱらだよ」(前出のOB)

 当のフランコ氏は、日本のプロ野球チームの監督になることが目標と公言している。昨年、千葉マリンで“始打式”を行い、ファンの歓声を浴びた。フランコ監督ならチームに新しい風が吹くのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る