日米2000安打目前で足踏み アストロズ青木は放出の恐れも

公開日:

 大台到達にはしばらく時間がかかりそうだ。「日米通算2000安打」まで残り「11」のまま足踏みが続くアストロズ・青木宣親(35)のことだ。

 16日(日本時間17日)のマーリンズ戦で中前打を放ってからは出場4戦連続音なし。22日のタイガース戦の全体練習の前には志願の早出特打を行ったが結局、出番はなかった。ここまで32試合で96打数24安打の打率2割5分、1本塁打、6打点(22日終了時)。

 19日付の地元紙「ヒューストン・クロニクル」(電子版)は「青木 大台到達間近」と題した記事を掲載。ヤクルト時代の成績を紹介して、日本人外野手の記録達成をもり立てているが、青木は今後、出場機会が限られそうだという。

「最近は左翼に好守のマリズニックが起用されています。本人の希望で守備に就く機会もあるDHベルトランも含めれば、青木は5人目の外野手の位置付けです。現在は昨季32本塁打のギャティスがマスクをかぶっていますが、正捕手マッキャンが故障者リストから戻り次第、DHで起用される見込みです。今後はベルトランの左翼での出場も増えるとみられ、青木の出番は減る一方でしょう」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る