• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日米2000安打目前で足踏み アストロズ青木は放出の恐れも

 大台到達にはしばらく時間がかかりそうだ。「日米通算2000安打」まで残り「11」のまま足踏みが続くアストロズ・青木宣親(35)のことだ。

 16日(日本時間17日)のマーリンズ戦で中前打を放ってからは出場4戦連続音なし。22日のタイガース戦の全体練習の前には志願の早出特打を行ったが結局、出番はなかった。ここまで32試合で96打数24安打の打率2割5分、1本塁打、6打点(22日終了時)。

 19日付の地元紙「ヒューストン・クロニクル」(電子版)は「青木 大台到達間近」と題した記事を掲載。ヤクルト時代の成績を紹介して、日本人外野手の記録達成をもり立てているが、青木は今後、出場機会が限られそうだという。

「最近は左翼に好守のマリズニックが起用されています。本人の希望で守備に就く機会もあるDHベルトランも含めれば、青木は5人目の外野手の位置付けです。現在は昨季32本塁打のギャティスがマスクをかぶっていますが、正捕手マッキャンが故障者リストから戻り次第、DHで起用される見込みです。今後はベルトランの左翼での出場も増えるとみられ、青木の出番は減る一方でしょう」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る