借金6の最下位…貧打ヤクルトが切望する青木の“古巣復帰”

公開日: 更新日:

 ヤクルトがなかなか波に乗れない。

 18日からの巨人2連戦はともに完封負けし、借金6の最下位。昨季ボロボロだった投手陣は、新助っ人ブキャナンの加入や現有戦力の底上げでチーム防御率はリーグ2位の3.01と好調を維持する一方、チーム打率.223はリーグ最低。畠山、川端の中軸が故障で離脱した揚げ句、山田、バレンティンが揃って打率2割台をウロチョロしていては、相手はラクだ。

侍ジャパンでは精神的支柱に

 20日は、神宮でのピックアップ練習を全体練習に変更。21日からの広島戦に備えたが、「苦境のときこそ、野手全体でカバーし合う必要がある。チームを牽引する野手のリーダーが欲しいところですが……」と、ヤクルトOBが言う。

「巨人は阿部と坂本、阪神は福留と鳥谷、広島は新井と、上位3チームにはすべて、言動でチームを引っ張る選手がいる。ヤクルトは投手ではベテランの石川がいますが、野手は本来リーダーになるべき畠山が最近は故障がち。もしここに青木(アストロズ)がいれば、チームの雰囲気は違ったものになるんですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  9. 9

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  10. 10

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る