G泥沼6連敗…無策の指揮官に「地蔵監督」と揶揄する声 

公開日:  更新日:

 現実を直視できなかったのかもしれない。最後の打者となった代打の亀井が空振り三振に倒れると、巨人の高橋由伸監督(42)はクルリとグラウンドに背を向け、足早にベンチ裏へ下がった。

 前日30日の初戦をエースの菅野で落とした巨人が、この日(31日)も楽天に完敗。先発の吉川光が4失点で五回途中にKOされると、打線は今季初登板初先発の塩見に手も足も出ない。投打に圧倒されてのゼロ封負けで、今季ワーストの6連敗。試合後の指揮官は、「いつも言う通り、先に点を取って、こちらのペースでやらなくちゃいけないところを、先に点を取られる。同じような展開。13戦連続ノーアーチ? (本塁打が)効果的なのは分かっているけど、言って打てるほど簡単なものではない。それぞれが何とか打とうと練習していると思う」といつにも増して口が重かった。

「高橋監督は今、ネット上で『地蔵監督』と揶揄されている。動かない、動けない。用兵、采配でこれといった策がなく、表情もない。仏頂面でベンチに立っているだけという痛烈な批判です。この日のコメントが典型的ですが、やるのは選手、と突き放したように聞こえる物言いも、ファンの不満に拍車を掛けていると、チーム内でも心配されています」(日本テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る