ホークスで相次ぐ主力離脱 代役4番デスパイネも病院行き

公開日: 更新日:

 4番がまたアクシデントに見舞われた。

 11日の阪神戦。試合中の走塁で右足を痛めたソフトバンクのデスパイネ(30)が、そのまま病院行きである。 三回1死一、二塁で松田が二塁打。スタートを切った二塁走者のデスパイネが175センチ、95キロの巨体を揺らして三塁ベースを蹴った直後、痛みに顔を歪ませた。右足を引きずりながら本塁に生還したものの、次の打席で代打を送られた。

 ソフトバンクは、4番の内川が2日のDeNA戦で首を痛め、頚椎捻挫で登録抹消されたばかりだ。その代役のデスパイネも病院で「右太もも裏の肉離れ」と診断され、離脱が決定。この日は、10日の試合でファウルチップを右手中指に受けた捕手の高谷も骨折で登録抹消された。すでに先発3本柱の和田、武田、千賀を故障で欠いており、セットアッパーのスアレスも右ヒジ靱帯の再建手術で今季絶望となっている。

 さしもの工藤監督も「いるメンバーでやるしかない」と沈痛の面持ちだったが、次カードの相手は、再び連敗が始まった巨人。せめてもの救いか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  9. 9

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  10. 10

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

もっと見る