ホークスで相次ぐ主力離脱 代役4番デスパイネも病院行き

公開日:  更新日:

 4番がまたアクシデントに見舞われた。

 11日の阪神戦。試合中の走塁で右足を痛めたソフトバンクのデスパイネ(30)が、そのまま病院行きである。 三回1死一、二塁で松田が二塁打。スタートを切った二塁走者のデスパイネが175センチ、95キロの巨体を揺らして三塁ベースを蹴った直後、痛みに顔を歪ませた。右足を引きずりながら本塁に生還したものの、次の打席で代打を送られた。

 ソフトバンクは、4番の内川が2日のDeNA戦で首を痛め、頚椎捻挫で登録抹消されたばかりだ。その代役のデスパイネも病院で「右太もも裏の肉離れ」と診断され、離脱が決定。この日は、10日の試合でファウルチップを右手中指に受けた捕手の高谷も骨折で登録抹消された。すでに先発3本柱の和田、武田、千賀を故障で欠いており、セットアッパーのスアレスも右ヒジ靱帯の再建手術で今季絶望となっている。

 さしもの工藤監督も「いるメンバーでやるしかない」と沈痛の面持ちだったが、次カードの相手は、再び連敗が始まった巨人。せめてもの救いか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る