攻守に活躍 金本監督期待の中谷は阪神優勝のキーパーソン

公開日: 更新日:

 阪神の中谷将大(24)は8日のオリックス戦でベンチを2度沸かせた。

 まずは1―1で迎えた五回の1死三塁の場面、オリックス先発のディクソンが投じた外角低めのカーブを中前へ運んだ。六回の守りでは、先頭の中島が打った右翼線への飛球をフェンスにぶつかりながら好捕。このビッグプレーで六回を1失点で抑えたことが勝利につながり、阪神は交流戦3カード連続で勝ち越しを果たした。

「(五回の勝ち越し適時打は)チャンスだったので(走者を)かえすという強い気持ちで打席に入った。前に飛ばせばどうにかなると思った。(六回の守りは)正直、フェンスが近くて怖かったが、捕れてよかったです」

 こう言った中谷について、ある阪神OBは次のように語る。

「右の若い大砲を好む金本監督は、中谷を外野と一塁でスタメン起用することが多い。安定性は欠くものの、彼の長打力を買っている。だが、接戦になればこの日のように野手の間を抜くバッティングでいい。五回の勝ち越し打は見逃せば完全なボール球。あのような技ありの打撃ができれば打率(.224)も上がってくる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る