攻守に活躍 金本監督期待の中谷は阪神優勝のキーパーソン

公開日:  更新日:

 阪神の中谷将大(24)は8日のオリックス戦でベンチを2度沸かせた。

 まずは1―1で迎えた五回の1死三塁の場面、オリックス先発のディクソンが投じた外角低めのカーブを中前へ運んだ。六回の守りでは、先頭の中島が打った右翼線への飛球をフェンスにぶつかりながら好捕。このビッグプレーで六回を1失点で抑えたことが勝利につながり、阪神は交流戦3カード連続で勝ち越しを果たした。

「(五回の勝ち越し適時打は)チャンスだったので(走者を)かえすという強い気持ちで打席に入った。前に飛ばせばどうにかなると思った。(六回の守りは)正直、フェンスが近くて怖かったが、捕れてよかったです」

 こう言った中谷について、ある阪神OBは次のように語る。

「右の若い大砲を好む金本監督は、中谷を外野と一塁でスタメン起用することが多い。安定性は欠くものの、彼の長打力を買っている。だが、接戦になればこの日のように野手の間を抜くバッティングでいい。五回の勝ち越し打は見逃せば完全なボール球。あのような技ありの打撃ができれば打率(.224)も上がってくる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る