• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

攻守に活躍 金本監督期待の中谷は阪神優勝のキーパーソン

 阪神の中谷将大(24)は8日のオリックス戦でベンチを2度沸かせた。

 まずは1―1で迎えた五回の1死三塁の場面、オリックス先発のディクソンが投じた外角低めのカーブを中前へ運んだ。六回の守りでは、先頭の中島が打った右翼線への飛球をフェンスにぶつかりながら好捕。このビッグプレーで六回を1失点で抑えたことが勝利につながり、阪神は交流戦3カード連続で勝ち越しを果たした。

「(五回の勝ち越し適時打は)チャンスだったので(走者を)かえすという強い気持ちで打席に入った。前に飛ばせばどうにかなると思った。(六回の守りは)正直、フェンスが近くて怖かったが、捕れてよかったです」

 こう言った中谷について、ある阪神OBは次のように語る。

「右の若い大砲を好む金本監督は、中谷を外野と一塁でスタメン起用することが多い。安定性は欠くものの、彼の長打力を買っている。だが、接戦になればこの日のように野手の間を抜くバッティングでいい。五回の勝ち越し打は見逃せば完全なボール球。あのような技ありの打撃ができれば打率(.224)も上がってくる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る